コンビ肌着とは

肌着そもそもコンビ肌着ってどんな肌着?と思った方もおられると思いますが、コンビ肌着は先ほどもお話したように新生児肌着の一種となります。足の部分が二つに分かれていることが特徴の一つで、裾の内側にスナップが備わっています。

このスナップを留めることによってズボンのようにもなりますし、オムツを替えるときなどはスナップを外せば簡単に交換できるようになっています。短肌着のうえに着せれば保温にもなりますし、そのままコンビ肌着だけを着せるということもできます。さまざまな使い方ができるのも特徴ではないでしょうか。

どれくらいの時期からコンビ肌着を着用させればいいのかということですが、だいたい生後3ヶ月くらいからおススメです。生まれてまだ間もない赤ちゃんだとそれほど動くことはありませんし、普通に短肌着や長肌着で十分です。3ヶ月目くらいになると次第に手足をバタバタさせるようになりますし、裾がめくれあがってしまうこともありますからコンビ肌着のようなタイプがおススメと言えるでしょう。ズボンのように着用できますし、オムツ交換が必要なときはさっと交換もできます。まさに新生児のためにある肌着といっても過言ではありません。便利な肌着です。